事故車 輸出

事故車の輸出について

車の輸出の不思議な事情

事故車,輸出

 

 

日本国内では需要のない走行距離の長い車や事故車でも海外への輸出向けとして高く売れる中古車があります。

 

いくら海外への輸出といえども日本人の感覚ではとても売れる車ではないのですが、高く売れるのです。

 

海外の自動車インポーターや海外の自動車利用者の感覚は少し日本とは異なるようです。

 

海外へ輸出する際の価格は、実は事故車でも事故車でなくとも値段の差がないそうです。
事故車ならば嫌われそうなものですが、なぜなのでしょうか?

 

中古車輸出業者の方に聞きますと、事故車は直しているから良いとのことです。
もちろん故障車であってもしっかり修理をしてあれば、車に乗ることはできます。
問題はないかも知れません。

 

またぶつかったことのない車よりぶつかったことのある車のほうが、現地では人気があるようです。
不思議なものです。

 

なぜかといいますと、一度も塗装をし直していない10年を経過した車は、塗装面が10年間経過しているので、劣化が進み安いという理由だからだそうです。
もし、輸出される直前にぶつけて修理をした車は塗装が新しいために、塗装も塗り直して新しいと判断されるようです。

 

実際には新車時の塗装は、メーカーの工場で焼付け塗装をしているので上質で、後から塗り直した車より塗装の状態は良いのですが・・・。
輸出先の気候や使用条件によりどんな塗装をしても劣化してしまい、何年かごとに塗装をしなおすそうです。
こうした理由により、事故車が喜ばれるのです。
信じられませんが・・。

 

 

>>廃車にする前にチェック!


事故車の輸出について関連ページ

人気車種は高く売れる
事故車でも車種によっては高値で売ることが可能です。
廃車買取業者の見つけ方について
廃車同然の車でも買い取ってくれる業者はいます。一括査定見積もりを利用して探してみましょう。
廃車同然の車でも売れる?
廃車同然の車でも、車の部分調達の為に必要としている業者さんがいるかもしれません。
事故車が高値で売れる理由とは
思わぬ高値で売れることもある事故車。なぜ事故車でも売れるのでしょうか?
高額査定にする方法とは
買取業者を選ぶことで、高額査定になることもあります。
事故車(廃車)買取の対応について
早めの対応をすることが事故車の高額買取のポイントになります。
壊れて動かなくとも売れるワケ
動かなくなった車でも売れるワケは、パーツを必要としているからなんです。

ホーム RSS購読 サイトマップ