事故車売却 手続き

事故車売却の手続きに必要なもの

事故車売却の流れについて

事故車売却,手続き

 

 

事故車を売却する際に必要になる書類は、車検証や自動車納税証明書、自賠責保険証明証、印鑑証明などです。

 

自動車納税証明書や印鑑証明などは、売却直前に用意する必要がありますが、自賠責保険証明書や車検証などは車のダッシュボードに常に保管されていますので手間がかかることはありません。

 

事故車を売る段階になった際には必要書類をまとめておいて、すぐに手続きができるように準備を進めましょう。

 

ただし、事故車の場合には、車の名義人が誰であるかによって、必要になる書類も異なります。
本人又は家族が名義人になっている場合ならばよいですが、ディーラーローン(信販ローン)で車を購入した際には、クレジット会社名義になっていますので、以上とは別の手続きも必要になります。

 

事故車でも売れそうならば、事故車売却サイトで手続きをします。
何社か査定をしてもらい、最も高い査定金額と契約をするのですが、まずは無料で一括見積もりをしてもらうことが大切です。

 

いくつかの一括見積もりサイトがありますので、提携している買取業者などを調べて、信頼のおけそうな一括見積もりサイトを利用することが大切です。
実際にサービスを利用し、担当者と話をすれば必要書類などの売却する際に必要なものは理解できますので、しっかり確認をするようにしましょう。

 

ご自身で調べるのもよろしいですが、時間と労力を要しますし、手続きが面倒になってしまい、売却することをあきらめてしまうようなことにもなりかねません。

 

 

>>事故車売却サイト


事故車売却の手続きに必要なもの関連ページ

ローン中の事故車(廃車)
もしもローンの返済中に車が事故にあってしまったらどうなるのでしょうか。
廃車手続きについて
廃車手続きには大きく分けて永久抹消と一時抹消の2つがあります。
所有権の確認について
もしローン支払い中の車なら所有権が自分でない可能性が高いです。

ホーム RSS購読 サイトマップ