事故車 ローン 

ローン中の事故車(廃車)

もしもローン中に事故にあったらどうなるの?

事故車,ローン 

 

 

ローンの残債がある場合に事故にあった際にはどうすればよいでしょうか?

 

車は高価な買い物ですので、数年間に渡り長期のローンを組んで支払いをしている場合があります。

 

まだローンが完済していない場合に事故を起こして廃車にしなければならない場合もあります。

 

また大きな震災などで、車が水没したり破損したりすることもありうることです。

 

そんなケースでも買取店専門店は買い取りに応じてくれます。
しかし、通常の車を売却することに比べますと、さまざまな煩雑な手続きを要しますので注意が必要です。

 

まず、車の車検証の所有者がご自身になっているか否かです。
ローン購入の場合には、名義がディーラーやクレジットカード会社になっているのです。
そのような場合には、まず所有権解除のお願いをし、所有権を手放してもらわなければなりません。
その際には、ローンの残債を全額返済しなければなりません。

 

残債よりも売却金額が多ければ問題はないのですが、売却金額が残債より少ない場合には追加でお金が必要になります。
その際には次に乗り換える車のローンに上乗せをしてもらったり、無担保ローン(キャッシング)などでお金を調達する必要があります。

 

ただし、クレジット会社により、対応が異なりますので、万が一ローン返済時の車が事故車となってしまった場合には、ディーラーまたはクレジット会社に問い合わせることが必要になります。

 

 

>>事故車の買取サイト


ローン中の事故車(廃車)関連ページ

事故車売却の手続きに必要なもの
まずは、事故車を廃車ではなく売却する時の手続きについてみてみましょう。
廃車手続きについて
廃車手続きには大きく分けて永久抹消と一時抹消の2つがあります。
所有権の確認について
もしローン支払い中の車なら所有権が自分でない可能性が高いです。

ホーム RSS購読 サイトマップ