車 所有権

所有権の確認について

車のローンは終わっていますか?

車,所有権

 

 

廃車手続きをするためには、大切な確認事項があります。

 

それは車の所有権です。

 

所有権とは、文字通り、車で言えば車を所有する権利を持っていることです。

 

 

自分の持ち物であれば、どのように対処しても良いのですが、他人の持ち物ですと、当然、勝手に売ったり捨てたりすることはできません。
自分が乗っている車なので、所有権は当然自分なのでは?と思う方も多いと思いますが、実はそうでない場合があるのです。

 

それは、車をローンで購入した場合は、ローンを組んだディーラーや信販会社などの所有権となっている場合があるのです。
ローンを返済し終わった後でも所有権の移転をしなければ、車の所有権はご自身ではないのです。
言い換えますと、車の購入を立て替えてもらっているので、お金を出した人が持ち主になるということです。

 

所有権がご自身ではないのに、売ることや処分をするなど法律的には他人の所有物を売却することになるので、当然よろしくないことです。
ですから、所有者の確認を念のためにすることが必要なのです。

 

では、どうしたら所有権が誰にあるのかわかるのでしょうか?
それはとても簡単で、車検証に所有者欄がありますので、そこにご自身の名前が記載されていれば良いのです。
従って、その場合にはすぐに廃車手続きもできます。
もし、所有者がご自身でない場合は、所有権を解除してもらわなければなりません。

 

車の所有権はしっかり確認をしないと後々面倒なことになってしまいますので、忘れずに所有権の確認だけはするようにしましょう。


所有権の確認について関連ページ

事故車売却の手続きに必要なもの
まずは、事故車を廃車ではなく売却する時の手続きについてみてみましょう。
ローン中の事故車(廃車)
もしもローンの返済中に車が事故にあってしまったらどうなるのでしょうか。
廃車手続きについて
廃車手続きには大きく分けて永久抹消と一時抹消の2つがあります。

ホーム RSS購読 サイトマップ